お葬式相談窓口(事前相談)

お墓で困っていること

お墓で困っていること

最近、「墓じまい」の文字を目にする機会も増えてきました。実際、お墓の維持・管理・承継を心配されている方も多いのではないでしょうか。中には「お墓は不要、自分の遺骨は自然にかえしてほしい」と希望される方も。供養の方法も多様化してきています。

墓じまいは、基本的に【今あるお墓を墓地管理者に返して、埋葬されていた遺骨を承継者の心配がない永代供養の合葬墓や納骨堂などに移す】ことを言います。その他に、海洋散骨や遺骨ダイヤモンドなどを選ばれる方もいます。

お墓の承継者問題などで、どうしても墓じまいを選択せざるを得ない場合もありますが、昔から続く『家』ごとのお墓の承継をやめて、『個人』の価値観を大切にした供養の方法へ切り替える時代になってきている感じがします。

書類整理中にお墓・納骨・墓じまいに関する記事を見つけたので、アンケート結果と一緒にまとめてみました。より詳しい、墓じまいや改葬(お墓の引っ越し)の方法や費用などについては、今度ご説明したいと思います。

お墓について困っていることは?

まず、お墓について皆さんが何に困っているのか?

朝日新聞デジタルのアンケート(2018年、合計:322回答)では

【質問】:お墓で困っている事は何ですか?

1位:墓に関心がない
2位:遠くにあってお参りに行けない、維持できない
3位:墓を守ってくれる人がいない
4位:墓がない
5位:配偶者(の家)と同じ墓に入りたくない
6位:どこに、誰に相談すればいいのかわからない
7位:今の墓で高額な維持費を請求された
8位:墓じまいや墓移し(改葬)の際に離檀料など高額な金額を請求された

朝日新聞デジタルのアンケートより

という内容でした。

1~3位の回答数が、1位⇒114 / 2位⇒59 / 3位⇒55、合計⇒228回答。

この3つだけで約70%です。

困っている事の1位が【墓に関心がない】がよくわかりませんが、きっと「先祖代々のお墓があるけど、自分は関心がないから将来どうしよう…」ということかな思います。

ほとんどのお悩みは【お墓が遠い、維持できない、承継者がいない】ということですね。

実際に「お墓を継ぐ人がいない」と困っている人が増えている?

当社にお葬式をご依頼くださった方の中には、

もともとお墓が無いので、永代供養墓(合葬墓)へ納骨します。

という方は多いです。でも、「承継者がいないので、墓じまいをしたい」というお話は少数です。一方で、新しくお墓を建てるご相談もあります。

以前、ある墓地で墓じまいの手続きをした際、墓地委員会の役員さんが「最近、墓じまいが増えてお墓が減っている」とおっしゃっていました。

ただ、その墓地は主に地元の人が利用しているので、地元に戻らないと決めたご家族(長男など)が利便性の良い他の場所にお墓を購入している可能性は高いと思います。

正確なデータは確認していませんが、地方の墓地は徐々にお墓が減っているのかもしれませんね。

MEMO
ちなみに、お墓の所有権は墓地・霊園の管理者にあるので、他人に売ることはできません。あくまで「お墓を購入する=お墓の土地を使用する権利を買う」ということなので、墓じまいの際は更地に戻す必要があります。

親や配偶者のお墓はどうしたい?自分のお墓は?

再び、朝日新聞デジタルのアンケート(合計:322回答)の結果をご紹介。

「親や配偶者のお墓、自分のお墓をどうしたいか?」について。

本当なら「現在、お墓がある人・ない人」に分けて同じ質問をするべきだと思いますし、年齢・性別・既婚未婚など立場によって回答に偏りが出ますが、ご参考用としてご覧ください。

【質問】:親や配偶者のお墓はどうしたいですか(どうしましたか)?

最も多い回答「先祖代々のお墓(95※回答数)」

すでにお墓がある場合は、そのお墓に納骨するという基本的な流れですね。2番目に多い回答が「海洋散骨や樹木葬(70)」と「永代供養墓(63)」でした。これは主に「現在お墓がない」方の回答だと思います。

【質問】:自分のお墓はどうしたいですか?

最も多い回答「海洋散骨や樹木葬など(169)」

つまり、【自分のお墓は必要ない】と思っている方が多いということですね。きっとこの回答には、

  • 今お墓がある方は、子に墓守の負担を掛けたくない
  • 今お墓がない方は、子に金銭的な負担を掛けたくない

そんな気持ちも含めての回答している人が多いと思います。

いろいろな意見

  • 両親の墓は遠く、自分も病気で行けません。親戚から「墓参りに来ないのか」と責められ、お墓参りは誰のためなのか疑問を感じます。
  • 田舎の墓に入るつもりはありません。子供に遠くの墓の墓守をさせるわけにはいかないので、今の自宅の近くで墓を買って改葬することを決めました。
  • 主人の家の先祖代々の墓なんて、知らない人ばっかりで、死んでまで肩身の狭い思いをするのは嫌だ。
  • 本当は墓は必要ないと思う。でも、自分が父親を亡くした時、墓参りなどでだいぶ気持ちの整理がついたことを考えると、娘たちがおばあさんになるころくらいまでは、親を偲ぶよりどころとして墓が必要なのかもと考えます。
  • 私は永代供養墓(合葬墓)に入れてもらうのが良いと思っている。
  • 子が親の葬儀をしたり墓参りするって、自然なことだと思う。
  • 墓参りって、故人への想い・感謝・道徳など日本の美しい文化だと思う。

個人の選択を尊重する時代になってきた?

自分のお墓は必要ないという意見とともに、最近「夫の家の墓に入りたくない」という言葉も時々あります。

夫と同じ墓に入らない選択をした人の理由は、

  • 夫の親との関係が良くない
  • 夫の実家で肩身の狭い思いをした
  • 家と結婚したわけじゃない

などです。

そもそも法律上、妻が夫と同じ墓に入る決まりはありません。慣習として続いてきたものです。

以前、ある女性とお墓の話になった時

私自身はお墓がなくても構いません。遺骨が自分自身だとしたら、お墓の下の狭くて暗い場所に入るより、明るくて季節を感じられる自然へ散骨された方が良い。
自分が亡くなったら、息子に任せるしかないけど、遺骨の一部だけでも散骨して欲しいと思います。

自分の遺骨をお墓に閉じ込めるのではなく、自然へ散骨して欲しいという気持ちは個人的にとてもわかります。私自身も一部は散骨して欲しいと思っています。

夫婦や家族がお互いの意思を尊重しあった結果として、別々のお墓に入る(または散骨)というのは良いと思います。

今までは、【先祖代々続いてきたお墓を誰かが守る】という意識が強く残っていましたが、時代の変化とともに意識が変わってくるのも必要な事なのかもしれません。

墓じまいの依頼先や費用について

墓じまいは、墓石を撤去して更地状態に戻して墓地・霊園に返します。そして、埋葬されていた遺骨を新しい場所に納骨(または散骨など)します。

  • お墓を更地に戻す手続き
  • 遺骨を新しい場所に納骨する手続き

上記の2つが必要です。

墓じまいの依頼先は基本的に石材店になりますが、当社の様に葬儀社でも対応可能だと思います。

費用は、お墓の大きさ(墓石や敷地の広さなど)によって変動しますが、標準的なお墓(たたみ半畳ほどの敷地)では約20万円ほどです。

これは、お墓を更地に戻すための墓石撤去や残土処分などの費用です。ご遺骨を新しい場所に納骨または海洋散骨をする場合は、別途その費用が必要です。

MEMO
お墓が公営墓地にある場合は石材店選びは自由ですが、民間・寺院墓地の場合は石材店が指定されている場合が多いです。

「墓じまい」と「改葬」の違い

墓じまいとセットでよく使われる用語に「改葬(かいそう)」があります。

改葬(かいそう)は、「お墓に埋葬されている遺体・遺骨を別のお墓に移して供養すること」です。簡単に言えば「お墓の引っ越し」です。墓じまいと同じです。ただ、改葬には【お墓を残して、一部の遺骨を移す】も含まれます。

お墓の引っ越しには役所で「改葬手続き」「改葬許可証の発行」が必要なので、本当は改葬が正しいと思いますが、どちらの言葉でも良いと思います。ただ、「今のお墓をやめる」という意味では、墓じまいの方が言葉的に分かりやすいですね。

寺院墓地の場合、高額な「離檀料(りだんりょう)」を請求される?

お寺の敷地内にお墓がある方は、基本的にそのお寺の檀家(お寺を資金面などで支える)だと思います。つまり、墓じまいでお墓を返すことは「檀家をやめる」という事になります。

「寺院墓地のお墓を返す⇒檀家をやめる(離檀する)」が基本的な考え方です。

諸事情でお墓を返しても、今後もお葬式・法要などでお付き合いを続ける方もいらっしゃると思いますので、一概にお墓を返すから檀家をやめるではありません。

MEMO
今は檀家にならなくても利用可能な寺院墓地もありますので、必ずしもそのお寺の檀家とは言えません。

よくある問題点として、寺院墓地のお墓を墓じまいする場合、お寺から離檀料を請求されることがあります。離檀料が0の場合もあれば、数百万円という高額な離檀料を請求される場合もあるようです。

そもそも離檀料は、今までお世話になった感謝の気持ちとして渡す御布施(お金)なので、お寺側が金額を指定すること自体がおかしいのですが、近年の「檀家離れの増加=お寺の収入減」も影響しているのかもしれません。

支払い義務について
寺院墓地にお墓を建てる(購入する)際に、契約書に離檀料に関する規定がなければ、支払い義務はないと考えられます。離檀料は基本的に御布施ですので、契約書での規定は少ないと思います。
また、昔から寺院墓地をご利用の場合は契約書を交わしていない可能性もあります。

墓じまいには、今のお墓の管理者から「埋蔵証明書」を発行してもらう必要があります

「今までお墓の管理費やお葬式などを含めると、かなり御布施を渡しているのに、さらに離檀料なんて払いたくないなぁ…」という気持ちも分かります。

ただし、墓じまいをして埋葬されていた遺骨を他の場所に埋葬・散骨をする為には、今のお墓の管理者から「埋蔵証明書」を発行してもらう必要があります。そのため、できればトラブルは避けたいところです。

MEMO
墓じまいは、現在のお墓がある市町村に埋蔵証明書を提出し、改装許可証を発行してもらう必要があります。簡単に言えば、「お墓を引っ越ししても良いですよ」という許可証です。
※市町村によって少し異なりますので、詳しくは役所へご相談ください。

離檀料は平均数万円~20万円位と言われますが、納得のできる金額でしたら「先祖代々からお世話になった感謝の気持ち」として割り切ってお渡しすることもおすすめです。大切なご遺骨に関わることですので、トラブルなく済ませることが一番です。

もし、高額な離檀料を請求され、交渉にも応じない、支払うまで埋蔵証明書を発行しない等の不当な対応をされた場合は、役所や法律の専門家へ相談しましょう。

さいごに

現状や将来的な事を考慮して、墓じまいや改葬をお考えの方も多いと思います。ただ、ご家族・親族がいらっしゃる場合は、ご自身の意見だけで単独で手続きを進めず、まずはゆっくりと皆さんで相談されることをおすすめします。

また、新しい納骨先として永代供養の合葬墓や納骨堂をお考えの場合は、インターネットなどで調べて2~3か所は現地見学をしましょう。その際には必ず、必要な手続き・総額費用・年間管理費の有無・納骨期間などを確認しましょう。

今は色々な形態のお墓・納骨堂が誕生していて、ホームページ上の情報だけでは理解しにくい部分もありますが、数か所見学をすれば、ご希望に合った場所がわかってくると思います。

大切なご遺骨に関わることですので、焦らずに少しずつ進めていきましょう。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】