MESSAGE / すべての方へ

白木位牌から本位牌へ

ブログ本位牌

お葬式の際に使用する白木位牌は、四十九日までの仮位牌(仮の位牌)です。
そのため、四十九日法要を基準に「正式な位牌=本位牌(ほんいはい)」へ切り替えます。一般的な本位牌は、黒漆塗で金箔が施されたもので、黒位牌(くろいはい)や塗位牌(ぬりいはい)とも呼ばれます。

お位牌は、「故人様の霊魂が宿る場所」とされ、「位牌=故人様の象徴」とも言えます。
大きさは10cm程の小さなサイズから20cm以上の大きいサイズまで様々です。素材・デザインも色々ありますが、宗派には関係ありませんので、好みのデザインをお選びください。注文~完成までに約2週間ほど必要ですので、ご注意ください。

ただし、浄土真宗では、故人様の魂は浄土(仏の国)にあり、魂が位牌に宿るという考えはありません。そのため、基本的に本位牌を作らず、【過去帳(かこちょう)】または【法名軸】を用います。

位牌の由来は、禅宗の僧侶が中国儒教(始祖:孔子)の教えから日本に持ち込んだものとされています(諸説あり)。つまり、儒教の風習・考えが影響していてます。本来の仏教には、位牌を作る習慣がありません。仏教では死者は「輪廻転生=生まれ変わる」という考えで、故人の魂が特定のモノに宿るという概念はありません。実際に、仏教の発祥地インドでは、位牌はほとんど見られないようです。
インド→中国→日本と伝来する過程で、様々な文化・考えが融合し日本的な仏教になったようです。

各宗派の考え方も確かに重要だと思いますが、位牌・お墓・手元供養など形は何であっても、故人・ご先祖様を大切に思う気持ちが一番だと思います。

本位牌は絶対に必要?

位牌は絶対に必要ではありません。
位牌が無くても、遺影写真・遺骨(手元供養)など別のかたちで故人への供養は可能です。実際には、供養の対象として本位牌を作られる方が多いですが、厳密に言えば位牌が「必要かどうか?」はご本人次第です。

ただ、寺院の檀家である場合、「お位牌は必要です」と言われる可能性はあります。菩提寺(お付き合いのある寺院)がある方は、寺院へご相談ください。

 

本位牌の種類

本位牌には、主に3種類あります。
「◯◯宗は、この位牌」という決まりはありません。既にご先祖様のお位牌がある場合は、それに合わせた材質・デザイン・大きさを選択すれば問題ありません。初めて本位牌を作成する場合は、購入されるお仏壇のサイズなどを考慮して選びましょう。

  1. 塗位牌ぬり いはい】
    :最も普及している一般的な位牌。漆を塗り重ね、金箔などで装飾された位牌です。
  2. 唐木位牌からき いはい】
    :黒檀や紫檀などの固く耐久性に優れた天然木を使用し、木目を生かした位牌です。
  3. 回出位牌(繰出位牌)くりだし いはい】
    :台座の上に札板を収納する箱がある位牌です。戒名を記す札板が数枚(7~10枚)収納できます。普段は「◯◯家先祖代々之霊位」と記した札を一番手前し、故人様の命日・月命日に入れ替えます。

 

位牌に刻字する項目

宗派によって刻字する内容が多少異なりますが、基本的に以下の項目を刻字します。
また、梵字(ぼんじ)は白木位牌には記されますが、本位牌では省く場合もあります。宗派・地域によって「入れる」「入れない」が異なりますので、菩提寺または仏壇店に相談しましょう。
※無宗教の場合は、基本的に俗名(例:◯◯◯◯・◯◯◯◯之霊など)で作成します。

  • 戒名(法名・法号)
  • 梵字:各宗派の印(マーク)
  • 命日:死亡年月日
  • 俗名:故人様の本名
  • 享年(行年)

 

大きさ・デザイン・価格

お位牌の大きさは、全長4~5寸(約12~15cm)の位牌が一般的によく選ばれます。すでにご先祖様の位牌がある場合は、同じ大きさ、または少し小さいサイズを選ぶのが一般的です。
また、お仏壇の最上段にあるご本尊(仏像・掛軸)より背が高くならないサイズにします。ご自宅のお仏壇の大きさやご先祖様のお位牌などを考慮しましょう。

デザイン(形)は様々ですが、基本的に宗派に関係ありませんので、お好きなデザインをお選びください。最近では、シンプルで可愛らしい位牌(モダン位牌)もあります。

価格は、材質・デザイン・工程数などによって異なりますが、標準的な位牌では1~3万円(文字彫刻代を含む)で作成可能です。インターネットで低価格な位牌も購入可能ですが、低品質なモノもあると聞きます。一度、お近くの仏壇店で現物を見ながらの相談がおすすめです。

 

いつまでに作成するの?

本位牌は、基本的に四十九日法要(忌明け法要)までに仏壇店に注文して作成します。
【注文~完成】までには、約2週間ほど必要ですのでご注意ください。仏壇店により多少異なりますが、出来るだけ早いご注文がおすすめです。葬儀後の手続きなどで、つい忘れていた場合は仏壇店に相談してみましょう。数日で作成可能な場合もあります。

 

白木位牌(仮位牌)はどうするの?

お葬式に使用した白木位牌(仮位牌)には、故人様の魂が宿っているとされています。本位牌が完成した後に、僧侶から読経を頂き、白木位牌から本位牌へ魂を移し替えます。

  • 【魂を抜く儀式】 を「魂抜き」・「お性根抜き」・「閉眼供養」といい、
  • 【魂を入れる儀式】 を「魂入れ」・「お性根入れ」・「開眼供養」といいます。

魂を移し替えた後の白木位牌は、菩提寺に預けお炊きあげ(焼却供養)をしてもらいましょう。
魂の抜けた白木位牌は、普通の木札と同じ(という考え)ですので、一般ゴミとして処分しても問題ありませんが、やはり故人様の名が記されていますので、ゴミと一緒の処分は心苦しいと思います。出来ればお炊きあげをしてもらいましょう。

 

お仏壇に位牌がたくさんある場合は?

現時点で、ご先祖様の位牌などがたくさんあり、これ以上お仏壇内にスペースが無い場合の対処法として

  1. ご先祖様の位牌を「◯◯家先祖代々之霊位」として1つの位牌にまとめる
  2. 回出位牌(繰出位牌)に替える:戒名を記す礼札が10枚程度収納できる箱型の位牌

2つの方法があります。
どちらが良いという訳ではありませんので、お困りの方は菩提寺または仏壇店に相談しましょう。

 

浄土真宗は、本位牌ではなく過去帳

浄土真宗では、故人様の魂は浄土(仏の国)にあり、魂が位牌に宿るという考えはありません。そのため、基本的に本位牌を作らず、【過去帳(かこちょう)】または【法名軸】を用います。

過去帳とは、「故人の俗名・法名・命日・享年」などを記入するモノです。
大きさは色々ですが、標準サイズで「縦:10cm・横:5cm・厚み:2.5cm」程です。中身は和紙、表紙は天然木・漆塗り・金糸など様々です。すでにご家庭に過去帳があれば、それを使用します。新たに過去帳・法名軸が必要な場合は、仏壇店で購入できます。

浄土真宗の場合、絶対に位牌はダメ?

以前、浄土真宗の僧侶にお聞きしたところ「立場上、“良いですよ”とはお答えし辛いです…」との回答でした。噂では、お仏壇に位牌があるのを見て、怒って帰った僧侶もいるようです…。しかし、最近では浄土真宗の方であっても本位牌を作る方もいらっしゃいます。

※過去帳への記入は、菩提寺の僧侶に記入していただくことが好ましいですが、ご家族様が記入されても問題ありません。
※過去帳は、家系図的な意味合いが強く、【魂入れ】は行いません。

 

無宗教の場合は?

お葬式を無宗教で行った場合、供養の方法は自由です。お墓・納骨堂・散骨・手元供養…どれを選択されても構いませんし、本位牌を作成するかも自由です。

  • 位牌+お写真
  • 位牌+手元供養(ミニ骨壺など)
  • 位牌+リビング仏壇

など、ご自身のライフスタイルに合った供養のかたちをお選びください。

無宗教の場合は、基本的に戒名(法名・法号)も授かりませんので、位牌を作成する場合は俗名(故人様の本名)を刻印します。【参考例:新家太郎、新家太郎之霊、◯◯太郎之霊位】

最近では、シンプルで可愛らしいデザインの位牌(モダン位牌)もあります。書体もゴシック体・明朝体、文字カラーも選べます。手元供養と合わせて、リビングなどに置いても違和感が無いデザインですので、無宗教の方やお仏壇のない方にもおすすめです。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・1日葬・無宗教葬・自宅葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。
お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】

■ 対応エリア:

  • 堺市全域:堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など