お葬式相談室をご利用ください

やさしいお坊さん

やさしいお坊さん

先日、ご依頼いただいたご自宅での家族葬。「火葬だけ、お坊さんも必要ない。」が故人様の遺言でした。

しかし、打合せを進めると、お付き合いのある寺院(菩提寺)があり、寺院墓地もお持ちでした。そして、「やっぱりお経くらいは…」というご家族の希望もあり、急遽予定変更。

この時点で、午後5時。火葬場は明日11時で既に予約済みです。火葬場の予約を変更すると、最短で明後日の16時になってしまい、ご家族様の都合が合いません。

予定通り、明日10時から告別式を行うことがベストだと決まりました。

何度かけても留守番電話

すぐに寺院へ連絡をして、明日10時からのお勤め(読経)をお願いすることになりましたが、何度かけても留守番電話…。

その間、私たちはご納棺やお花などのセッティングを完了し、明日の準備は整いました。

もし、このまま住職と連絡が付かなかった場合は、残念ですが読経を諦めるという事になりました。

数時間後、喪主様から「住職さんと連絡が取れました。明日、9時半に自宅に来てくれるそうです。」とお電話があり、少しホッとしました。

見覚えのない木魚

翌日、ご自宅にお伺いすると、“見覚えのない木魚”がありました。

喪主様曰く、「昨日、電話に出れなかったのは、他のお家の葬儀があったみたいです。電話で事情を話したら、晩遅くに自転車で来てくれてね。嬉しかった。」

また、その日(告別式)のお勤めは、ご自宅での読経のみだと思っていましたが、火葬場にも一緒に来てくださいました。戒名も、故人様の人生を表した素敵なものでした。

年齢60代位の住職。とても謙虚で、言葉遣いも丁寧。ご家族はもちろん、私たちスタッフにも優しく接してくれました。

時には友人として見送りたい

住職と少しお話をしましたが、

「最近は、“告別式だけ”・“火葬だけ”という葬儀がとても多いです。

先日も、火葬炉前の読経だけでした…葬儀のかたちは、お家の方が決める事だと思いますが、個人的に故人と長年の友人だったりする場合もあり、少し寂しくも思います。

私自身、(僧侶、時には友人として)故人をしっかりと見送りたいという気持ちもありますので…。

火葬だけという場合には、葬儀後にもう1度お家に伺って、読経させてもらうこともあります。」

とおっしゃっていました。お坊さんも地元の学校に通い、同級生が檀家さんという場合もあるので、きちんと見送りたいという気持ちは、とてもわかります。

優しいお坊さんが増えて欲しい

正直、お坊さんの中には、横柄な人や御布施が高額(家の状況を考慮してくれない)、なかなか葬儀日程を合わせてくれない人もいます。

「檀家さんが多いお寺」・「檀家さんの数が少なくて維持が難しいお寺」、お寺の事情も様々です。お坊さんもボランティアではありません。御布施(収入)も必要です。でも、ちょっと御布施が高すぎると思うことも度々です。費用を抑えようと家族葬にしているのに、葬儀費用より御布施が高いこともよくあります。

贅沢・豪遊するようなお坊さんはダメですが、親切なお坊さんは応援したくなります。

お坊さんも人間なので、色々な人がいて当然ですが、やっぱりお坊さんは悩みや悲しみを和らげてくれる存在であってほしいです。

今回のような、檀家さんに寄り添う優しいお坊さんが世の中に沢山いれば、お坊さんへの批判や檀家(宗教)離れも少なくなるかもしれませんね。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・1日葬・無宗教葬・自宅葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。
お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】