お葬式相談窓口(事前相談)

お葬式の慣習(地元のルール)

お葬式の慣習(地元のルール)

お葬式の種類を簡単に分けると、家族葬・1日葬(告別式のみ)・直葬(火葬のみ)・生活保護葬などがあります。どのお葬式を選ばれるかは、基本的にご家族様の自由です。

でも、お葬式を行う上で「その地域特有の慣習」がある場合があります。簡単にご説明すると、【お葬式に町会が参加する(町会へ連絡する)と、◯◯をする規則】です。

実例
  • 町内の参列者には、町会が作成した会葬礼状を渡す。
  • 町内の人からの供花は受け取らない。
  • 町内の人は参列時に御香典(一律2,000円)を持参する。
  • 町会の人へは返礼品を渡さない。
  • etc…

その地域ごとの慣習(地元のルール)は色々です。

最近では、その規則が嫌で町会に連絡をしない方もいらっしゃいますし、喪主となる方が地元に住んでいない場合は、地元から離れた場所で家族葬で済ませる方も多いです。

大阪市内や堺市内のお葬式では家族葬が主流になり、町会参加は少なくなりましたが、まだまだ町内の自治会館や集会所などでお葬式を行う地域はあります。

そして、もう1つお葬式を考える上で切り離せない項目が「お坊さん(僧侶)」です。お坊さんとお付き合いのあるご家庭もあれば、無いご家庭もあります。そして宗派も異なります。最も大切なのは、トラブルが起きないようにすることです。

今回は、「地元のルール」と「お坊さん(僧侶)の手配」でトラブルになったお話です。

葬儀社とお坊さんを手配 ⇒ ダメ!

先日、ある斎場の待合ロビーで、喪主様の義兄(以下Aさん)にあたる方とお話をしていました。

現在は大阪に在住ですが、出身は◯◯県で、ご両親が今も住まわれているとのことでした。Aさんに兄弟姉妹はなく、大学進学を機に地元を出て、卒業後はずっと大阪でお仕事をされています。

お話は、Aさんのお父様の葬儀について

先日、父が亡くなりまして。母も高齢でどうしたら良いのかわからない感じだったので、父が亡くなる前に自分で実家近くの葬儀社を調べて連絡を取り、お坊さんも手配しました。

 

お通夜の前日に実家に戻り、ご近所さんや地元の父の友人たちと話をしたんですが、そこでトラブルがあったんです。「お坊さん」の事です。

 

実は地元ではお葬式の時に呼ぶ寺が決まっているみたいで。
“こちらで手配しました” と言ったら、『ここで葬儀をする時は、◯◯寺って決まってる!』と怒られて…

正確には「ここで葬儀をする時」ではなく、「(Aさんの家は)昔から◯◯寺にお勤めを頼んでるし、お墓もあるから、◯◯寺以外はダメでしょ」という意味だと思います。

きっと親戚の人に言われたのだと思います。もしくは、小さな田舎町と言っていたので、その地域の大半が◯◯寺の檀家なのかもしれません。

先に「戒名料」を支払った?

じゃあ後は、手配したお坊さんをキャンセルすれば済む話かと思いましたが、先に戒名料を支払ったみたいで、その分が無駄になってしまいました。戒名にもよりますが、数万円~十数万円かと思います。

お坊さんを葬儀社に依頼したのか、ご自身でインターネットなどで手配したのかは不明ですが、お亡くなりになる前に戒名料を請求するのもどうなのかな…と思います。

Aさんが「先に戒名をください」と言ったのなら別ですが、それは無い気がします。

MEMO
本来、「戒名は生きている間に授かるもの」で正しいですが、出家をしない人はお亡くなりになってから授かることが一般的です。

結構ムッとした

その他にも、分からない事だらけでAさんは数日間ヒヤヒヤしたようです。私たちも「え!?そんな事をするんですか?」という事もありました。地元のルールは本当に色々です。

でも、結果的にお葬式自体はきちんと見送ることができたとおっしゃっていたので、良かったと思います。

いくつか勉強のために聞きたいこともありましたが、あまり日数が経っていない感じでしたし、嫌な出来事も多少なりともあったようなので止めておきました。

長年地元を離れているので、きっと何かトラブルはあるとAさんは覚悟していたようです。でもさすがに、地元に帰って早々、父親と同年代の方々(中には同級生の親御さんも)に強く叱られた(?)ことに「こっちは父の葬儀で帰ってきてるのに何なんだ!」と結構ムッとしたようです。私も同じ立場だったら、絶対にムッとします。

だから、あえて地元でお葬式をしない選択をする人もいます。

MEMO
例えば、故人が堺市民で喪主が大阪市民の場合、地元の堺市ではなく大阪市内でのお葬式も可能です。場合によっては、他府県の人を大阪市内でお葬式をすることも可能です。

大学進学などで、若くして地元を離れると、地元のルールが分からないのはよくある話です。地元の人も決して悪気はないと思いますが… Aさんに対する言い方に問題があったのかもしれませんね。

Aさんは、「父の友人もたくさんいるだろうから」と地元でのお葬式を選びましたが、もう少し年配者が優しく教えてくれたらムッとしなかったと思います。

葬儀社が「お坊さん(僧侶)」について確認するべき

地元のルールを葬儀社が把握できていないのは理解できます。ただ、お坊さん(僧侶)の手配については葬儀社に不備があった気がします。

  • Aさんが葬儀社にお坊さんを依頼したのか?
  • Aさんご自身でお坊さんを手配したのか?

どちらかは分かりませんが、どちらにしても葬儀社はAさんに対して確認が必要です。

葬儀社に依頼をした場合でも、葬儀社スタッフが「ご紹介は可能ですが、お付き合いのあるお寺はありませんか?」と確認するべきです。また、Aさんが「お坊さんはこちらで手配しました」と言ったとしても同じです。

お葬式を行う上で、「お坊さんとのトラブル」は最注意事項の1つです。

僕が手配しました

実際にあった事ですが、あるご家族様とお葬式の打合せをしていた時です。

そのご家族は、特定の寺院(◯◯寺)と長年お付き合いがあり、寺院内にお墓もありました。この場合、◯◯寺の僧侶に読経・戒名をお願いするのが基本です。

しかし、喪主様が突然「お坊さんは僕が手配しました」と発言。当社スタッフ、そして他のご家族も「え!?」と驚きました。もちろん、トラブルの元になるのでキャンセルをしてもらいました。

喪主様は、◯◯寺にお墓があるのは知っていましたが「お坊さんなら何でも良いのでは?」と思っていたみたいです。まぁ、依頼者の状況を細かく聞かずに依頼を受ける方も問題ありですが…

注意
インターネットでお坊さんを紹介する会社(仲介業者)もありますが、まずは葬儀社へのご相談がおすすめです。葬儀社に依頼をしても御布施の金額は同額程度だと思います。

何もしなくて良い時は、「何もしなくて良い」と言って欲しい

色々ありましたが、Aさんは地元で葬儀をしたことに後悔は無いようでした。とにかく、初めて喪主を務め上げたことにホッとしたようです。

Aさんとのお話の中で、【葬儀社にして欲しかった事】で印象に残っているのは

「何もしなくて良い場合であっても、“何もしなくて良いですよ” と言って欲しかった」

という言葉です。

具体的には

  • お通夜の準備は整っているので、開式まで自由にお過ごしください。
  • すべて手配は済んでいますので、特に喪主様に決めていただくことはありません。

こんな言葉をもっと葬儀社スタッフから欲しかったようです。

「お葬式が初めての人にとっては、何もしなくても良い状況であっても、今がその状況なのかが分からない」

とAさん。確かにおっしゃる通りだと思います。

私たち新家葬祭では、お葬式の流れや時間などを “打合せ時” には細かくご説明していますが、“その場面場面” で言葉で伝えているか?と思い返すと不十分なところもあると感じました。

日程表(予定時間も記入)もお渡ししていますが、それだけでは足りない部分もあるのかもしれません。文字で伝えるだけでなく、もっと言葉で直接伝えるべき項目を見落としているのかも。

ご家族様の様子などを見て、あえてお声掛けをしない場合もありますが、これをきっかけに見直してみたいと思います。
Aさん、ありがとうございます。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】