MESSAGE / すべての方へ

友引なんか気にしない

ブログ友引なんか気にしない

お葬式の日程の打合せ時に、ときどき話にあがる【友引(ともびき)】。もちろん、ご存じの方も多いと思います。
カレンダーに印字されている、【大安・仏滅・先勝・赤口・先負】、そして【友引】という6種類の文字。これらを“六曜(ろくよう)”といいます。

六曜は、その日の吉凶を表すとされ、鎌倉時代に中国から伝来したとされています。細かな歴史・由来は省きますが、日本では六曜と冠婚葬祭・イベント事などが、ゲン担ぎ的に結び付けられます。

特に、「大安=万事に吉とする日=良い日」とされ、結婚式・大切な契約・お祝い事を行う時に大安の日が選択されます。反対に、「仏滅=万事に凶とする日=悪い日」とされています。
そして友引は、「友を引く」という文字から、友引の日には葬儀・告別式(火葬)を避ける慣習が残りました。

友引に火葬場が休みの地域もあります

この慣習に合わせて、友引に火葬場を定休日とし、職員の休日やメンテナンスを行う火葬場もあります。葬儀社によっては、「その日は、友引なので火葬は避けた方が…」と説明し、従業員の休日に当てる葬儀社もあります。

火葬場がお休みでは、葬儀は行えませんが、それは一部の地域です。
現在、火葬場は基本的に公営です。都市部の火葬場は、友引に関係なく利用可能です。大阪市や堺市の火葬場も、お休みは1月1日だけです。

お坊さん曰く「迷信です」

友引をとても気にする人もいれば、全く気にしない人もいます。そもそも、友引をご存知でない方も沢山います。

実は、この六曜… はっきりとした由来は不明です。伝来当時の文字も現在とは異なります。本家の中国では、【友引】は【共引(勝負がつかない日)】だったようです。また、日本で六曜が一般的に世間に広まり意識されるようになったのも戦後からです。

そして、「大安・仏滅…」と何か仏教と関係がある文字に思えますが、実は【当て字】であり、仏教には関係ありません。
何人かのお坊さんに質問をしましたが、「迷信なので、気にしないでください」という回答でした。

みんなで見送れたら、それが一番

先日、ご依頼頂いた家族葬。ご家族・親族の予定が最も良い日が、ちょうど友引に当たる日でした。

喪主様は、
「家族全員で見送れたら、それが一番。問題ないですよ!」
その他のご親族も全員納得で、お葬式を終えました。

友引を意識しなかった他の方も意見も

  • 「占い的なものは、全然信じません」
  • 「物事は巡り合わせ、すべて受け入れる」
  • 「その時に起きた出来事に対して、自分が出来ることをする」

という感じでした。

個人的に最も印象に残っている言葉は、

「占いなんて気分次第ですよ。妻にプロポーズした日、子どもが生まれた日、初めて“パパ”と言われた日、仮にそれが仏滅だったとしても、自分にとっては、最高に幸せな日ですよ!」

意識すれば、気になるし。意識しなければ、普段と同じ日。
ゲンを担ぐ人もいれば、1日1日が大切な日と考える人もいます。

友引を避けるかどうかは、その人の自由です。お坊さん(僧侶)が決める事でもありません。「六曜なんか、迷信だ!」と思えば、何の問題もありません。

実際には、友引はあまり気にしないことが、おすすめです。ご家族・親族の都合の良い日にお葬式を行うことが最良だと思います。

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・1日葬・無宗教葬・自宅葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。
お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】