お葬式相談室

Game Changer

gamechager(ゲームチェンジャー)

ストリートアーティストのバンクシーさんが、5月6日に新たな作品を公表しました。

その作品が贈られた場所は、新型コロナウイルス感染症の治療に奮闘するイギリス南部のサウサンプトン総合病院です。

Banksy(バンクシー)

英国を拠点とする匿名のストリートアーティスト(路上芸術家)、政治活動家、そして映画監督。Wikipediaより

HP https://www.banksy.co.uk/
インスタグラム https://www.instagram.com/banksy/

今回描かれた作品は、男の子が人形で遊ぶ姿。その人形は、胸に赤十字マークがあるマントをまとった看護師さん。

公式インスタグラムには「Game Changer」と投稿。Game Changer(ゲーム・チェンジャー)には「状況を大きく一変させる人」といった意味があるようです。

そして、作品と一緒に次のメッセージが添えられていたと英BBCニュースは報じました。

Thanks for all you’re doing. I hope this brightens the place up a bit, even if its only black and white.
(あなたたちがしてくれている全てに感謝します。この作品は白黒ではありますが、少しでも現場が明るくなることを願っています。)

作品は今秋まで同病院に飾られ、その後はNHS(国民保健サービス)のための資金を調達するためにオークションにかけられる予定のようです。

ネット上では、この作品にもバンクシーさん特有の皮肉が含まれているじゃないか?という意見もありましたが、マイナスな意見は疲れます。
素直にバンクシーさんからの応援だと個人的には考えています。

最近残念に思うこと

数日前、ある看護師さんとお話しをしました。その方の勤務先は新型コロナ感染者の受入れ病院ではないのですが、

「お腹や頭が痛いとか、単に体調が悪くなって来られた患者さんがコロナ感染している可能性もあるし、見た目で判断できない。
自覚症状が無い人もいるので、(新型コロナの受入れ病院ではなくても)感染リスクはある。でも、それも含めて対応するしかない」

とおっしゃっていました。

まだまだ未知の部分が多いウイルスです。病院での勤務は本当にリスクが高いと思います。でも、コロナ以外で治療や介護が必要な人がたくさんいます。

医師や看護師さんが、必死に助けようとギリギリの状況で頑張っている一方で、医療従事者に対する心無い差別もテレビやネットで見かけます。その他に、物流を担う配達ドライバーさんへの差別も。

そういう記事や言葉を見ると、本当に残念に思います…

 

医療従事者の人たちへこれ以上負担をかけないために

医療従事者の方々の負担は、限界に近い(病院によっては限界を超えている)状態だと思います。

先日、新型コロナ感染者に対応する医師のインタビューで

「何が最も正しい治療なのか分からない状態です」

という言葉を聞きました。

そして、通常は整頓されているはずの病院内は臨時のビニール幕や仕切り壁、そのすき間をテープで塞いでいる様子が映っていました。過酷な状況で1人でも多く救おうと、逃げずに戦っている姿は本当にすごいと思います。

きっと治療に関わる人たちは、感謝されたい気持ちで戦っていないと思います。そんな気持ちだけで、最も感染リスクが高い現場にはいられないはずだと思います。とにかく助けたい!それだけだと思います。

もし、自分自身が感染した時に助けてくれる人は医療従事者の方々です。私たちの命を救ってくれる最後の砦です。

医療崩壊を防ぐ、医療従事者へこれ以上負担をかけないために私たちができること。

「自分が感染しない・させない」

これが一番大切だと思います。

医療従事者の方々、そして物流や販売店のスタッフさん、日々の生活を支えてくれている方たちには本当に「ありがとう」しかありません。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】