MESSAGE / すべての方へ

生命保険(死亡保険金)の請求

ブログ生命保険(死亡保険金)の請求

生命保険(死亡保険金)に関して、「受取人は私だけれど、皆で分けないといけない?」など、故人の相続財産に含まれるとイメージされる方も多いと思いますが。死亡保険金は、「受取人に指定された人の固有の財産」ですので、相続財産には含まれません。

受取人に指定された人が、個別に保険会社へ請求手続きをして受取りが可能です。
※相続放棄した人が、受取人に指定されていた場合でも、受取りが可能です。

一般的に、夫が死亡した場合は、受取人は妻に指定されています。妻が契約していた保険会社へ連絡し、保険金を受け取ることになります。他に相続人(夫の両親・兄弟姉妹など)がいた場合でも連絡する必要はありません。

ただし、【受取人が被相続人(故人)】の場合は、【保険金=故人の財産】になり、相続財産に含まれます。この場合、相続人全員で遺産分割協議を行い「誰が、いくら、受け取るか?」を決めます。

まずは、保険会社へ連絡

受取人が、被相続人(故人)以外の場合は、受取人が個別に保険会社へ請求します。手続きに必要な書類など、案内に従って進めます。通常、手続き完了後、1~2週間で指定の口座へ入金されます。

一般的に必要なものは、

  • 保険証券
  • 被保険者(故人)の除籍謄本
  • 死亡診断書のコピー
    ※原本は必ず役所へ提出しますので、原本が必要な場合は病院で再発行。
  • 受取人の戸籍謄本や身分証明書
  • 受取人の印鑑証明書

などです。詳しくは各保険会社にお問い合わせください。

請求権は、3年で消滅

生命保険(死亡保険金)を請求できる期間は、3年です。
十分に日数はありますが、できるだけ早く手続きを済ませましょう。もし、遺品を整理していて、「知らない保険証券を発見した」・「請求し忘れていた」など、3年を過ぎていた場合でも、あきらめずに保険会社へ問い合わせましょう。

被相続人(故人)が受取人の場合

稀に、受取人が保険契約者本人の場合があります。つまり、【被相続人(故人)が契約して、受取人も被相続人(故人)】の場合があります。

ご説明したように、「生命保険金は、受取人の固有の財産」です。この場合、「保険金=故人の財産」になりますので、相続財産に当たります。そのため、相続人が話し合い(遺産分割協議)、「誰が、いくら、受け取るか?」を決める必要があります。

相続放棄した人が受取人の場合

相続放棄=法的に故人の全財産(プラス・マイナス両方)に関する相続を放棄した人が、受取人に指定されている場合、その人は保険金を受け取れるのか?
保険金は、「受取人の固有の財産」です。相続放棄をした人でも、受取人に指定されていれば、保険金は受け取れます。

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・1日葬・無宗教葬・自宅葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。
お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】

■ 対応エリア:

  • 堺市全域:堺市堺区・堺市北区・堺市中区・堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区
  • 大阪市内:中央区・北区・福島区・西区・天王寺区・浪速区・東淀川区・西淀川区・淀川区・西成区・旭区・阿倍野区・生野区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・東住吉区・大正区・鶴見区・港区・都島区・平野区・東成区
  • 大阪府下:松原市・八尾市・大阪狭山市・河内長野市・富田林市・高石市・和泉市・泉大津市・東大阪市・八尾市・貝塚市・泉佐野市・羽曳野市・藤井寺市・泉南市など