お葬式相談室をご利用ください

年末年始にお亡くなりになった場合のお葬式と火葬について

年末年始にお亡くなりになった場合のお葬式と火葬について

12月に入り今年も残り1か月となりました。この時期になると、「もし年末年始に亡くなった場合にお葬式や火葬はどうなりますか?」というお問い合わせを多くいただきます。

年末年始の期間に厳密な定義はありませんが、一般的に「12月29日~1月3日」でお考えの方が多いと思います。

この期間中は、火葬場の休場日(主に1月1日)が影響するため、年末にお亡くなりになった場合はお葬式が翌年になったり、お葬式の日程を通常より遅らせる(ご遺体の安置日数が増える)ことが多くなります。

年末年始のお葬式日程と火葬について

お葬式の日程を考える際には、もちろんご家族・親族や菩提寺(僧侶)の都合も大切ですが、最もポイントとなる項目は「火葬場予約」です。火葬場の予約が取れなければ、お葬式の日程を決定できません。

年末年始(12月29日~1月3日)にお亡くなりになった場合のお葬式や火葬は、火葬場の休場日(主に1月1日)を挟みますので、その時の状況やご家族・親族様のご都合に応じて日程を調整が必要です。

故人様のご安置やお葬式日程については、できるかぎりご希望に応えますのでお気軽にご相談ください。

火葬場の休場日は、基本的に1月1日(元日)のみ

大阪府の火葬場は各市町村が運営しています。そして、休場日は基本的に「1月1日(元日)のみ」の市町村が多いです。

1月1日に告別式・火葬は行えませんので、1月1日に告別式・火葬が当たらないように日程を調整します。そのため、年末にお亡くなりになった場合は、翌年にお葬式・火葬を行う場合もあります。

MEMO
火葬場の休場日は大阪府内でも異なります。1月1日~2日が休場日の市町村もあります。

年末の最後の告別式・火葬は12月31日まで

基本的に12月31日までは火葬場が利用可能です。通常のお葬式(お通夜・告別式)の場合は、12月30日のお通夜、そして12月31日の告別式・火葬が年末の最終日程です。

年末の最終日程
  • 12月30日⇒お通夜
  • 12月31日⇒告別式・火葬

年始の最初の告別式・火葬は1月2日

先ほどご説明した様に、大阪府内の火葬場の休場日は基本的に「1月1日(元日)のみ」です。そのため、年始の最初の告別式・火葬は1月2日になります。

年始の最初の日程
  • 1月1日⇒お通夜
  • 1月2日⇒告別式・火葬

12月31日にお亡くなりになっても、その日に火葬はできません

お葬式は必要なく、直葬(火葬のみ)をご希望の方もいらっしゃると思います。

「もし12月31日に亡くなった場合、その日はまだ火葬場が開いてるから直葬なら可能ではないですか?」

とご質問をいただくこともありますが、お亡くなりになった当日に火葬は不可能です。その理由は、法律により死後24時間以上経過しないと火葬ができないからです。

もし火葬場が開いている年末最終日の12月31日にお亡くなりになったとしても、火葬は最短で1月1日になります。しかし、1月1日は火葬場が休場日のため、火葬は1月2日以降になります。

 

年末年始は火葬場が混むため、通常より日程が遅れる場合が多いです

実際に年末年始は火葬場が非常に混雑します。そのため、年末年始にお亡くなりになった場合はご希望通りの日程でお葬式を進めることが難しいのが現実です。

特に、年末(12月29日、30日)にお亡くなりになった場合は、翌年にお葬式を持ち越す場合が多いです。

12月29日にお亡くなりになった場合

例えば、12月29日にお亡くなりになった場合に

  • 12月30日のお通夜
  • 12月31日の告別式・火葬

と年内のお葬式をご希望の場合でも、その通りに日程が組めるとは限りません。29日の時点で、既に31日まで火葬場予約が埋まっている場合も多く、お葬式は翌年になります。

1月1日にお亡くなりになった場合

また、1月1日にお亡くなりになった場合、

  • 1月2日のお通夜
  • 1月3日の告別式・火葬

とご希望の場合でも、火葬場予約の状況によっては、2日~3日延びる場合もあります。

年末年始での訃報連絡は少し気が引ける…

少しお話が逸れますが、「年末年始のこの時期にお葬式の連絡ってどうなんだろう…」と少し気が引ける、悩まれる喪主・ご家族様も少なからずいらっしゃいます。個人的には、その気持ちはとてもわかります。

故人様との生前のお付き合いや関係性などを考えて、連絡するべきか、控えるべきか…。事後報告として寒中見舞い(ハガキ)で知らせる事もありますが、非常に難しい問題だと思います。

1つの方法として、迷った場合は連絡をして

「故人が生前お世話になりました。年末年始で何かとお忙しいかと思いますので、家族葬で執り行いたいと思います。」

と家族葬で行うことを伝えるのも良いと思います。その上で、もし参列に来ていただいた人には感謝の気持ちを伝えましょう。

MEMO
訃報連絡にはマナーの側面もあります。ご家族・親族には必ず連絡をしましょう。

 

ご希望、状況に応じて対応いたします

ここまでご説明した様に、年末年始にお亡くなりになった場合のお葬式や火葬は、その時の状況に応じて判断する必要があります。

お亡くなりになった日、火葬場の予約状況はもちろんですが、年末年始はご家族・親族様も既に予定が決定している場合も多いですし、菩提寺(僧侶)の都合なども関係してきます。また、家族葬・1日葬・直葬など、どのようなお葬式を行うかによっても日程は異なります。

年末年始に関わらず、お葬式の日程は様々な事情で変わりますので、その時にご家族が納得のできる日程と内容を決定することがおすすめです。

もし年末年始にお亡くなりになった場合は、可能な限りご希望通りの日程で行えるように対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

 

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お葬式のご依頼・ご相談・お問い合わせ

大阪・堺市の葬儀(家族葬・直葬・友人葬・一日葬・生活保護葬)は、葬儀社【新家葬祭(しんけそうさい)】にお任せください。お葬式のご相談・寝台車手配・斎場予約など、24時間365日いつでも専門スタッフが対応いたします。深夜・早朝に関わらずご相談ください。

新家葬祭
オフィス/お葬式相談室:〒599-8232 大阪府堺市中区新家町541-12
電話番号: 072-234-2972 【24時間365日受付】